体脂肪を下げたい人にプロテインは効果的!タイミングや摂り方とは

体脂肪を下げたい人にプロテインは効果的!タイミングや摂り方とは

 

一般的なプロテインは、大豆もしくは乳製品のたんぱく質で出来ています。肉や魚などからたんぱく質を摂取する場合との違いは、食材含まれる脂質や糖質などが全く含まれていないという点にあります。筋肉を増強を目的としたものというイメージが強いですが、タンパク質を補給するためのサプリメントです。製品によってはビタミンやミネラル分が添加されたもの、Lカルニチンなど脂肪を燃焼させる成分が配合されたものなどがあります。体脂肪を下げる目的で飲む場合には、どんな栄養素が含まれているのかを確認してから利用すると効果が得やすいです。

 

たんぱく質は脂肪燃焼に必要な栄養素

 

食事制限でダイエットをする場合、たんぱく質を摂取しないと効率よく脂肪の燃焼が出来ません。食材から摂取する場合には、食材や調理方法によって脂質や糖質も同時に取り込んでしまう可能性があります。食材の代わりにプロテインで代用すれば、濃縮されたたんぱく質を摂取できるので、内臓にかかる負担を少なくして体脂肪の燃焼に利用できます。

 

注意点は過剰摂取です。適量なら健康的なダイエット出来ますが、たんぱく質は過剰に摂取すると肝臓や腎臓に負担がかかってしまいます。適量を守って長期間に渡って飲みすぎないことが大切です。

 

効果的な飲み方

 

プロテインを食事に置き換えて飲む人がいますが、オーソドックスな製品はタンパク質以外には栄養素が含まれていないので、他の栄養が不足します。肉や魚の代用として用いれば、脂質や糖質の摂取を控えた健康的な食事に出来ます。飲むタイミングに工夫をすると、体脂肪を燃焼させる効果をアップできます。

 

プロテインの効果が発揮出来るのは筋力トレーニングの後と就寝前です。プロテインは原料によって吸収される速度に違いがあります。筋力トレーニングの直後が有効なのは素早く吸収されるホエイプロテインで、負荷をかけた筋肉の修復にを早めます。就寝前に飲むと良いのは、吸収がゆっくりのカゼインプロテインかソイプロテインが適しています。睡眠中の成長ホルモンの分泌を促す効果がアップし、筋肉の修復や形成をサポートします。

 

プロテインに頼りすぎないことも大切

 

良質なたんぱく質が簡単に摂取できるのがプロテインの良さですが、成人が1日に必要なたんぱく質の量を超えて摂取しない>ことが大切です。成人男性は1日に50g、成人女性は1日に40gがたんぱく質の必要量です。鶏のささみに換算すると180gから220gに含まれる量です。アスリートのようなハードなトレーニングをしない限りは、必要量を超えたたんぱく質は必要ないと言えます。

 

プロテインで補う場合には食材のたんぱく質は控え、その他の栄養素をバランスよく摂取することが大切です。体脂肪を下げたい場合には、脂質や糖質を控えるとよいでしょう。